起業した!これから社長の天晴れ繁栄日記

起業し、成功曲線描き中!!いきなり起業のこれから社長が世知辛い世の中へお届けする成功の軌跡★
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

満足感

目標を持ち、達成する。
それを目指し、日々を積み重ねて
皆さん邁進されていることかと思いますが、

よく、目標設定には短期、中期、長期と
明確に具体的に目標を設定しなさいとあります。

意外な部分ですが、あるひとつの目標を達成すると
次へのエネルギーやモチベーションが下がり、
動きが止まってしまう方がいます。

ある種の満足感を感じてしまうことで、
「渇き」が潤ってしまうのです。

“満足感”というのは微妙な存在です。

常に渇望し、ハングリーで、ストイックであれというわけではありません。

ただ、ひとつの目標の達成は、
ひとつの通過点であり、
最終的な目標の達成への
プロセスであるということを
忘れてはいけないかと思います。


 
自己啓発 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

アンパンマンに学ぶ

長く愛されているアニメ、
やなせたかし原作の“アンパンマン”
日本人なら誰でも知ってますよね。

アンパンの彼は時には自分の頭をちぎり、与えるという
見方によってはグロテスクな部分もありますが・・・。
そんなことはよいとして、アンパンマンのテーマの歌詞が
とても熱いので記事にしてみました。

■「アンパンマンのマーチ」より

 なんのために 生まれて

 なにをして 生きるのか

 こたえられないなんて

 そんなのは いやだ!


 なにが君の しあわせ

 なにをして よろこぶ

 わからないまま おわる

 そんなのは いやだ!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜YES!私もいやです。

 
自己啓発 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

コンフォートゾーン

誰しも、「今よりも悪くなる」ことに対して恐怖や不安があります。
ですが、それと同じくらい「今よりも良くなる」ことに対しても
同様の恐怖や不安があると言われています。

自分の範囲を超えてしまう恐怖、
何だかんだ今で満足していて、そこから出てしまう恐怖です。
知らずのうちに作っている快適な場所、
コンフォートゾーンを失う不安・恐怖です。

誰もが、夢を叶えたり、裕福になったり、
理想を現実にしたいと願っているはずです。
ですが、無意識的に「変わることへの恐怖」が出て、
足を止めたりしてしまいます。

そんな不安や恐怖を力づくで払拭してもなかなか外れません。

そんな気持ちを傍らに持ちながら、
それを上回る、
期待を持ち、
理想を持って、


強く「欲しい!」と思う気持ちを成長させることです。
そして、それを疑いもなくオープンに受け入れることです。

「そうなるんだ」「そうなっていいんだ☆」と。
 
自己啓発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

驚異の新人

私は昔からF1が好きでずっと見てきました。
プロスト〜セナ〜マンセル〜シューマッハ・・・と
時代も動き、最近のレースはバトルが少ないように思えて
少し寂しい気もしています。

ですが、今年、驚異の新人とマクラーレンで英才教育を受けた
ルイス・ハミルトンという選手がルーキーイヤーで
大快進撃を繰り広げています。

おそらくこれからのF1の歴史を作る方でありますが、
その才能だけが快進撃を繰り広げている要因ではありません。

レースを見ている方であればおわかりかと思いますが、

彼の勝利へのこだわり、

粘り強さは半端ではありません。


他のどのドライバーよりも忍耐強く、なおかつ速い。
上位陣の中で突出して速いわけではありません。
同じ、もしくは彼よりも速いタイムを出すドライバーはいます。

ですが、22歳(だったかな・・)でルーキーの彼は、
現在F1でドライバーズランキングのトップにいます。

こだわりと粘り強さです。


 
自己啓発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

サイクル

思考にはサイクルがあります。

プラスのサイクルと

マイナスのサイクルです。


考えていることが明るく発展していったり、アイデアが浮かんだり、
期待を膨らませたり、物事を楽観的、発展的に見れる時は
プラスのサイクルにいる可能性が高い。

ですが、お金があと残りいくらで、あと何日耐えるかとか、
あといくらお金があるから、あと何日ある、その中だったらこれしかできない・・。
昨日も同じミスをした・・・今日もミスするのでは・・・

とか考え始めてしまうとマイナスのサイクルに進んでいます。

また、「〜〜したい」と「〜〜しなければならない」では
サイクルのスタートが違います。

ただ、「モノは考えよう」と以前の記事で書きましたが、
思考は人間自身がコントロールできるものです。
*完全とは簡単にいかないでしょうが。

自分が進みたい方向は
誰もが繁栄、成功、成長、幸せなどかと思います。

マイナスのサイクルに入らないよう、
入っていると察知したら、さっと気を変える。

そういった部分を自律して、
自分自身で自分を本当に進みたい方向へ
導いていくのも重要かと思います。

 
自己啓発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

引き

私自身、自分で運がいいと思っているのですが、
運とは少し違う「引きの力」というのが
うまくいく人にはよくあります。

ある誰かの話をしていたら、その本人が現れたり、
欲しい!と強く思っているものが引き寄せられるように手に入ったり、
偶然といえば偶然だが、必然のような偶然とでも言いましょうか。

思ったことや口に出したことが現実になる。
時折そんな経験を誰しも何回かはしたことがあるかと思います。

そんなことを考えるこの頃、
私自身、司法書士の方に用件があり、
学生時代の友人が司法書士をしておるので
連絡をしようと思っていました。

彼の住んでいる街は私の街からかなり遠く、
卒業後ほぼ会っておらず、年賀状をやりとりするくらいでした。
最近会ったのが5年前くらいでしょうか。

と、思いながら自宅の最寄の駅に向かって歩いて、
駅の入口に着いたとき、すっと車が入ってきて止まりました。
意外なことに、その車の運転手は連絡を取ろうと考えていた
司法書士の友人ではありませんか!?

私の街で最近めでたく独立されたそうで、
クライアントを駅に迎えに来たそうなのです。

友人と思わぬ形で再会でき、仕事のお願いもできました。
とてもいい体験でした。

ある考え方では偶然。
ある考え方では必然。

ですが、どちらにせよ、

強く求め、期待することが
その始まりであると思います。


 
自己啓発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

任せる

よく頑張る人に多いですが、
なんでも自分で抱え込んでしまって
結局後手後手に回ります。

例えば人員の少ない会社で営業、事務、問合せ対応など
複数の役割をこなしている方は多いでしょう。
どうしても人員が足りない場合は仕方ないですが、
部下や同僚に任せるということも大切です。

学生時代、ある飲食チェーンで副店長を任されましたが、
*社員不在で実質店長でした。
本社スーパーバイザー兼オーナーに、
「君は動かなくていい。全体を掌握して効率よく人を動かしなさい。」
「君がバタバタしてたら部下は君以上にバタバタするから。」
と言われました。

しかしながら、部下は学生です。単なるバイトですので、
正直です。イヤなときはイヤな顔をしますし、
辞めるときはいつでも辞めていきます。

トップダウンで回したところで不満が出て、浸透しません。
「〜〜しなさい」「〜〜ねばならない」では動きません。

ですが、私の店舗では辞める人はほとんどおらず、
休日でも店に来ては無償で手伝ってくれる人ばかりでした。
グチは言わず、場所場所への移動は小走りで、楽しんで働く場でした。
後々、本部の不祥事で店舗は閉鎖されてしまいましたが・・・。

私が行っていたのは、
・コミュニケーションをとること
・褒めて、認めてあげること
・ささいなことでも「ありがとう」と声をかけること
・相談が来たら必ずちゃんと乗ってあげること
・キャリアに応じて仕事を任せていってあげること
・それぞれが自分で考えながら働く場にすること
・提案があれば皆で意見し合うこと
・たまにイベントをしてあげること
でした。

逆に考えると、
・提案を受け付けない、もしくは絶対通らないと感じさせる
・押し付け的な管理
・褒めない、認めてあげない=いい点でなく悪い点、不足点ばかり指摘
・抑圧的
・一方的に話す
・決定権を与えない、もしくは与えられていないように感じさせる
・「ありがとう」など声をかけない

という管理姿勢であったなら、どんよりとした暗い環境になっていたでしょう。

現代は職に対しての執着が薄い時代です。
学生や20代〜30代であれば転職などにほとんど抵抗がありません。
家庭を持っていない方であればなおさらです。

仕事の内容が合わない、収入が不満という辞職理由もあるでしょうが、
ほとんどの理由は「会社が面白くない」「上司や先輩がイヤ」と言われています。

いかに人材を社の財産にすることができるかが、
とても重要な時代です。


 
自己啓発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

これから

うまくいく人、うまくいかない人との差を見て
ひとつ挙げるとしたら、それは、

見えないものの存在を信じれるかどうか

かと思います。

何事も成功するか失敗するかなんて
100%確実にやる前からわかる人なんていません。

自分は「うまくいく」「裕福になる」「成功する」と、
根拠やいま手元に過去の実績がなかったとしても思えるかどうかです。

もちろん思うだけでは前に進みませんが・・・。

視力が8.0あっても、未来は見えません。
ですが、その見えないものを心で見続けることが大切であるし、
求め続けることが大切です。

あなたは自分が心に描いたような人間になります。

大切なのは「今まで」ではなく、

これからです。



 
自己啓発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

あと一歩

あるお話があります。
とある人物が採掘でひと山当てようと挑戦しました。
努力し、目当てのものが出て成功かと思われたのですが、
少しすると出なくなってしまいました・・・。
でも挑戦し続けました。あきらめず挑戦し続けましたが、
出ませんでした・・・。
彼は機械を二束三文で手放しその地をあとにしました。

と、その機械を買い取った人物が彼の掘った場所を
試しに掘ってみました。
するとすごい金脈が出て、彼は大成功を収めてしまいました。
掘った深さはたった数10cmでした・・。

機械を手放した人物は、あとほんの少しで大成功できたのです。
あとほんのひと堀りで。

ですが、あと一歩のところであきらめてしまう。
そういう方は意外に多いのです。
*あと一歩までもいかない方のほうが多いでしょうが・・・。

だから、あと一歩のプラスアルファが大切なのです。
そして、そのプラスアルファに進める気概と勇気が大切なのです。

足を止めさせてしまう理由は、結局は恐怖心です。
そして、その恐怖はほとんどが自分で作り出したものです。

自分に負けないで。

■PCからの方はコチラ
メンタルコーチングを受けてみませんか?

スグに役立つ仕事のヒント、役立つ仕事術

あなたには可能性があります!成功情報局→

■携帯からの方はコチラ
★モバイルコーチカウンセリング★
一人で悩んでいませんか?
一人で頑張らなきゃってムリしてませんか?
あなたに専属のサポーターがついてくれたら
そんな毎日が変わるかもしれません。
そのお手伝いをさせていただけませんか?
まずは無料体験から↓
http://mobi-coach-counseling.com/
あなたの人生コンサルティング↓
http://mobi-coach-counseling.com/

■ランキングに参加しています!
人気blogランキングへ
自己啓発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

時間が経って。

先日、学生時代の友人に会ってきました。
かなり久しぶりの再会でした。

懐かしい話にでも花が咲くかなと思っていたのですが、
悲しいかな彼の口からは否定的な話しか出てきませんでした。
会社への不満、上司への不満、彼女への不満、携帯電話への不満・・・
お店に入れば難癖をつけて粗を探し突っ込みます。
あげくの果てには、自分の彼女に会って、その彼女自身に
いかにお前はダメな女かを教えてやって欲しいと言い出す始末。
*無論、そんな酷いオファーなど断りましたが。

彼は学生時代はテレビ番組「プロジェクトX」の大ファンで、
将来への夢を熱く語る人物でした。
凡庸な人生なんて生きてても意味がない!と豪語していました。
そんな彼は「いまはそんな気持ちはまったく湧いてこなくなった」と
言う人になっていました・・・。

とても残念な想いでいっぱいになりました。


翌日、私が学生時代に知り合った年上の友人に連絡をしました。
こちらの方は5年ぶりくらいでした。

当時、彼は知人の起業に参加し、役員として多忙な日々を送っていました。
私自身も忙しくなり少し連絡が途絶えていたのですが、
連絡を取ると、少し前に会社は社長が夜遊びにはまり借金により倒産・・・。
社長は行方不明、本人は現在無職になってしまっているとのことでした。
社長さんとは私自身面識があったので、あの人が?と思ってしまいましたが、
お金と遊びは人を変えてしまうようです・・。

知らぬ間に大変なことになっていたようなのですが、
彼は笑いながら言いました。

「でも、俺らはうまくいくよ。

これからもっとよくなるよ。」

「絶対そうなるし、そういうもんなんだよ。」


私も、「当然ですよね(笑)」

そして、彼はいま役員ではなく自分の店を持とうと頑張っています。
とても嬉しい気持ちになりました。

苦境の中にあっても明るく笑えて、

自分に期待できる人。

そして、そんな自分が好きな人。


いつまでもそんな人でありたいですね。


 
自己啓発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)