起業した!これから社長の天晴れ繁栄日記

起業し、成功曲線描き中!!いきなり起業のこれから社長が世知辛い世の中へお届けする成功の軌跡★
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< これから | main | 引き >>

任せる

よく頑張る人に多いですが、
なんでも自分で抱え込んでしまって
結局後手後手に回ります。

例えば人員の少ない会社で営業、事務、問合せ対応など
複数の役割をこなしている方は多いでしょう。
どうしても人員が足りない場合は仕方ないですが、
部下や同僚に任せるということも大切です。

学生時代、ある飲食チェーンで副店長を任されましたが、
*社員不在で実質店長でした。
本社スーパーバイザー兼オーナーに、
「君は動かなくていい。全体を掌握して効率よく人を動かしなさい。」
「君がバタバタしてたら部下は君以上にバタバタするから。」
と言われました。

しかしながら、部下は学生です。単なるバイトですので、
正直です。イヤなときはイヤな顔をしますし、
辞めるときはいつでも辞めていきます。

トップダウンで回したところで不満が出て、浸透しません。
「〜〜しなさい」「〜〜ねばならない」では動きません。

ですが、私の店舗では辞める人はほとんどおらず、
休日でも店に来ては無償で手伝ってくれる人ばかりでした。
グチは言わず、場所場所への移動は小走りで、楽しんで働く場でした。
後々、本部の不祥事で店舗は閉鎖されてしまいましたが・・・。

私が行っていたのは、
・コミュニケーションをとること
・褒めて、認めてあげること
・ささいなことでも「ありがとう」と声をかけること
・相談が来たら必ずちゃんと乗ってあげること
・キャリアに応じて仕事を任せていってあげること
・それぞれが自分で考えながら働く場にすること
・提案があれば皆で意見し合うこと
・たまにイベントをしてあげること
でした。

逆に考えると、
・提案を受け付けない、もしくは絶対通らないと感じさせる
・押し付け的な管理
・褒めない、認めてあげない=いい点でなく悪い点、不足点ばかり指摘
・抑圧的
・一方的に話す
・決定権を与えない、もしくは与えられていないように感じさせる
・「ありがとう」など声をかけない

という管理姿勢であったなら、どんよりとした暗い環境になっていたでしょう。

現代は職に対しての執着が薄い時代です。
学生や20代〜30代であれば転職などにほとんど抵抗がありません。
家庭を持っていない方であればなおさらです。

仕事の内容が合わない、収入が不満という辞職理由もあるでしょうが、
ほとんどの理由は「会社が面白くない」「上司や先輩がイヤ」と言われています。

いかに人材を社の財産にすることができるかが、
とても重要な時代です。


 
自己啓発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://prezident.jugem.jp/trackback/94
この記事に対するトラックバック